Happy New Year 2018

戌年

2018年、最大のトピックは何と言ってもVAN HALENのメジャーデビュー40周年ということになるでしょう。
40周年を祝うスペシャルイベントが期待されますが、先ずはWinter NAMMでEVHがどんな展開を見せるかでしょうか。
そして、2015年北米ツアー以降話題に乏しいVAN HALEN本体が動き出してくれることにも期待したいところです。

戌年に因んで、遂に完成した2013日本ツアー仕様のWolfgangをアレンジしオープニング画像としてみました。
まだ詳細をお届けすることができていませんが、最近一番手に取ることが多く非常に気に入っています。
拙ブログはペース急降下したままで誠にお恥ずかしい限りですが、近くリポートをお届けしたいと考えていますので、皆さまには本年も変わらぬご愛顧を宜しくお願い申し上げます。

皆さまの2018年VHライフが旧年に増して充実されますように。

2018.01.01 賀正 Franken

EVH Wolfgang USA D2H

img_2112

2012年に発刊した『ザ・ギターマン 特集●EVHギターズ【増補改訂版】』で開発コードネーム”S3K”としてワンオフカスタムメイドした「D2H」は、HRTK氏が調達した日本製 EVH Wolfgang Special Stealth HT に搭載され紙面を飾るなどしましたが、HRTK氏のご好意により譲り受けることとなりました。
その後、氏の了解を得てEddie本人機と同様に EVH Wolfgang USA HT へ換装することを決意。
523 Guitarsの協力により実現の運びとなりましたので、久しぶりにブログ更新です。

続きを読む

The 10th Anniversary

img_1903

2017年7月3日
Frankenstein Replicaをゲットし、そして拙ブログを開局し早くも10周年となりました。

昨年EVH Gear製品の国内取り扱いがイシバシ楽器に限定されるなど、これまでダストボウル高崎店へ調達の多くを任せてきた説にとってはスタッフのやりとりも少々疎遠となるなど一抹の寂しさを感じる昨今となっています。

続きを読む

Happy New Year 2017

2017_hny

2016 VHライフは、のっけからWinter NAMMでWolfgang Limited Tour Relic [Replica]の発表でノックアウトされ他にもSpecialにストライプモデルが登場したりアンプも新たなモデルが追加されるなどEVH Gear的にはプレミアムな年となりました。
一方、国内ではEVHの取り扱いが限定されるなど少々残念な出来事もありました。

2017は酉年
the Year of the Cockに因んで、オープニン画像はPhoenix、Bird’s-eye、Mockingbirdを組み合わせてみました。
Van Halen周辺は新しい話題に乏しいですが、JanieのTwitterやFacebookが賑やかになってきているのに注目しています。
そして、Winter NAMMもEVHの動向に目が離せませんね。

旧年中ペースが急降下してしまいましたが、拙ブログをご覧いただいた皆さまには心より感謝申し上げます。
本年も変わらぬご愛顧を宜しくお願い申し上げます。
皆さまの2017年VHライフが旧年に増して充実されますように。

2017.01.01 賀正 Franken

Custom Anvil white case featuring the Van Halen logo!!

IMG_0887

Van Halenロゴはモチロンのこと、デビュー当時からのファンには嬉しい「Edward Van Halen」とご芳名が入れられたAnvil製カスタムケース!
そして、「G1」と入れられていることにも注目です。
つまり、この使い古された雰囲気のIvory Wolfgang USAが現在メインギターであるということを高らかに宣言しているということでしょう。

続きを読む